Tweet to @kisatiho

岩肌のコハマギク(二週続けて新日高方面へ)

2014年9月14日。20日の記録です

14日、午前中は地元の観察会に参加。午後からコハマギクを探して奥地へ・・

随分と探してみましたが、どこもまだ蕾の状態。

リベンジで20日に撮った写真です。

激しく海風が吹き付ける岩肌に美しく咲く清楚な花です。








kohamagiku41.jpg




kohamagiku38.jpg







kohamagiku36.jpg


この日は襟裳まで足を延ばしてみましたが・・・

岬に吹く風は身体も飛ばされそうな勢いでした。

そんな中で咲いていたコハマギクは皆 背丈が小さく、可愛らしかった。

必死で咲いている姿は 愛おしくも感じました。



kohamagiku92_20140921150843dde.jpg

そしてこの時期の もう一つの魅力的な花。



ヒダカミセバヤ。


hidakamisebaya11.jpg



hidakamisebaya37.jpg

 トリミングしたアップ画像です
蕊が可愛いです

hidakamisebaya38.jpg



コモチイワレンゲとヒダカミセバヤ



iwarenge.jpg


エゾマツムシソウ

ezomatumusisou44.jpg

ダイモンジソウも少しだけ咲いていました。


daimonzisou03.jpg



「吾も亦(また)紅(くれない)なりとひそやかに」   高浜虚子
万葉のころから数多く歌に詠まれているワレモコウ なかでもこの歌が好きです。

ナガボノアカワレモコウ(ミヤマワレモコウ)バラ科



(北海道での分布は日高地方に限られているようです。)

miyamawaremokou12.jpg


マヨワセアザミ

観察会で教わりました・・・

オオノアザミとエゾヤマアザミの自然雑種ということです。


mayowase52.jpg



20日、4時過ぎに新冠道の駅を出発、札幌に向かいましたが夕日がとても美しく、
海に沈む夕日を撮ろうとカメラを手に持った方が 道路際に佇んでいたのが印象的でした。


最後まで見ていただいてありがとうございます。





2014/09/21(日)
花散策 コメント:(4)

アケボノの花たち、野幌にて

2014年 8月31日 9月9日と野幌に通いました。


目当てはアケボノシュスランとアケボノソウの花です。

8月31日に見つけた花は 少し色白のアケボノシュスラン。

花弁の色が曙色という、可愛い小さな花です、





akebonosyusuran82.jpg




この日入ったコースは日陰、・・・それで色白だったのでしょうか?

こちらのコースではアケボノソウはまだ早すぎたようで、1個の花しか開いていませんでした。

こんな花も見つけました。

メナモミだと思うのですが・・・


menamomi9.jpg





menamomi60.jpg







9月9日の花たちは・・・



アケボノソウは、少し遅かったようでしたが、

曙の空に輝く小さな星たちが花弁に見られますね。




akebonosou83.jpg




akebonosou801.jpg




この日は ツルリンドウの花を探しに明るいコースも歩いてみました。

こちらでも アケボノソウ、アケボノシュスランの花が陽射しの中で咲いていました。




akebonosyusu91.jpg



akebono093.jpg




ツルリンドウは、もうこんなに種になっていました、


tururrindou04.jpg





帰り際にかろうじてたった一輪咲いていた花を見つけました。

この密やかな 薄紫が何とも言えず大好きな花です。♪





tururindou38.jpg




tururindou41.jpg




この日は小さな秋をいくつも見つけました。

ナニワズの赤い実。




naniwazu98.jpg




ツクバネソウの実




tukubanesou02.jpg




ハイイヌガヤの実



haiinugaya49.jpg



野幌の森を存分に楽しんだ一日でした。













2014/09/13(土)
花散策 コメント:(6)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top