Tweet to @kisatiho

旭山動物園 オオカミの赤ちゃんなど・・

2014年6月22日

なかなか湿疹が治りきらない私、

この週末はどうしようか思案中のところ・・・

旭山動物園にオオカミの赤ちゃんが生まれたというニュースをみてから、うん?オオカミ?と気になっていました。


実は、私は今まで一度も旭山動物園には行ったことがないのです。
全国的に有名になり、映画にもなっていて大勢の人が遠くからきているようです。



オオカミの赤ちゃんに 心惹かれ・・・私も行ってきました~♪

asahiyama20.jpg



ペンギンたちの愛らしい姿をみてから ・・・

オオカミの森へ~~


おぉ~いました!!


親オオカミにあまえているしぐさは わんこにしか見えませんね。



ookami95.jpg


こんなかわいい赤ちゃんが オオカミに変身?していくのですね


ookami91.jpg

17年前に天国に召された愛犬みーちゃんの赤ちゃんの頃に 似ているんです。



ookami94.jpg

下の写真はオチビのS撮影です。
二頭の赤ちゃんをとらえているので 拝借です。



ookami50.jpg


長い時間オオカミの森にいたのですが・・一通り他の動物たちも見てきました( ^)o(^ )

気になった他の動物もいくつか貼ってみますね。


ものすごいパワーで 飛び回っていたのは 白テナガザル。
とにかく 少しも休まず サーカスのように飛んでました。

sirotenagazaru54.jpg


sirotenagazaru5.jpg




sorotenagazaru59.jpg


鋭い眼光で見つめるのは ワシミミズク


なにか 文句ある?といいたそう?

wasimimizuku3.jpg



wasimimizuu25.jpg


そして
アオバズク

aobazuku31.jpg


(シマフクロウをみたかったのですが 今は健康上の都合で閉館していて残念でした。)


キリンの顔が自分の目の高さでみられたり、アザラシの円柱水槽泳ぎなど・・・

やはり噂どおり、魅力がいっぱいの動物園。
童心に帰って 楽しみました。



帰りは富良野へまわって 
カンパーナ 六花亭で 素晴らしい景色をみながら食事とデザートを。



kanpana17.jpg



kanpana2.jpg

 
来週末は 花探しに行けると思うのですが・・・どうでしょうか?

もう ひと月にもなります。
最後まで見ていただいてありがとうございます。








2014/06/24(火)
雑記 コメント:(6)

ヒダカタチツボスミレ?

2014年6月8日

すっきりと回復しない湿疹を抱えながら、遠出をしてきました。
行った先は 以前から気になっていたヒダカタチツボスミレの咲くという場所。

〇〇地区の朝からの予報は雨マークがずらり・・
普通の人は 中止にしますよね。


でも!!とりあえず行くというのが 私なんです。"(-""-)"


途中まではまずまずのお天気だったのが、現地に近づくにつれ ひどい霧(雨のような)と風!!!

こんな風雨の中を崖に向かって歩くのは無理!と思ったのですが・・・

身をかがめ 這うようにして進みました。



gake 13

崖には近づかないで~とお互いに声を駆け乍ら・・・( ^)o(^ )

gake15.jpg


びしょびしょに濡れながら行きつ戻りつ・・・


ありました!隠れるように咲いていた花が・・・


これが ヒダカタチツボスミレなのか 私には少々自信がありませんが
以前、ここに咲いていたという場所にあったので これだ~っといった具合で写してきたのですが・・・。

hi03.jpg



hi30.jpg


カメラが濡れてしまうので 思うように撮れませんし ものすごい風で 花も揺れまくり~



hi24.jpg


ヒダカタチツボスミレは オオタチツボスミレの変種とされていますが・・・

姿はオオタチツボというよりは イソスミレに近いですね。
距が幾分短く 萼がイソスミレより尖っているというのですが・・
私には難しく はっきりとした見分けがつきません。


一応、見分けるポイントを書いておきます

①距の長さが3~4ミリ(
②ガクが披針形(イソスミレは広披針形)
③花弁の長さが15~20みリ
(イソスミレは13~15)
④地下茎は木化していない


何とも微妙ですね~

ということですが・・・はたしてこの花は?

一応、日高の菫としてアップしておきます


この日はチコさんと二人の上、風雨が強く 十分に観察できていません。
来年、お天気の良い日に もう一度 観察に行きたいと思っています






此処で咲いていたヒメイズイです。


himaizui13.jpg


たたきつけるような 風と霧(雨?)に追い立てられるように この場を去り。。。





帰り道に写したカノコソウです。


kanokosou50.jpg


kanokosou58.jpg


水田のあぜ道に佇むアオサギをうつしたり・・・



aosagi72.jpg


この日の帰宅は7時ころ、私としてはとても速い帰宅でした。
漆や虫がとても気になり・・ますます 写真が思うように撮れなくなっています

きっと 湿疹が治ったら、のど元を過ぎた何とかになるでしょうね。


最後まで見ていただいてありがとうございます。









2014/06/10(火)
花散策 コメント:(6)

エゾノタチツボスミレ~シロスミレなど・

2014年6月1日( 6月6日記録)

手首の湿疹を気にしながら、この日も出かけてきた私。
まだこの時は大事になるとは思っていなかったのです。"(-""-)"

お目当ては 日本の菫のなかでは 1番の背高さん

エゾノタチツボスミレ


白い花にくらべて 薄紫の花はなかなか見つからなかったのですが、
此処にはこんなにたくさんの花たちが(^^♪~




ezotati6634.jpg




ezonotatitubo61.jpg



背丈が大きいわりに花が小さいですね。


ezonotatitubo13.jpg





ezo28.jpg




此処では白花が珍しい。


ezosi58.jpg




白花がたくさん見られたところで 写したものへ リンクします

                ↓

       エゾノタチツボスミレの白花へ 




そして 次に向かったのはシロスミレが毎年咲いてくれる場所。

草の中に隠れるように咲いています。



   sirosumire461.jpg

すら~っとした容姿でとても羨ましいかぎり・・・( ^)o(^ )

si58.jpg




si34.jpg



sirosumire40.jpg



この日、他に見た花は

コケイラン ベニバナイチヤクソウ、山芍薬(白花)、ワニグチソウ、スズムシソウ、などです。


>最後に向かった場所では ユウシュンランが可愛らしく咲いていまいした
この花は 銀ランだったような気がします。
いつもユウシュンランを見に行っていた場所なので 思い込んで写してきましたが
葉が大きいですね。

背丈は10センチほどでした




yu94.jpg



yuusyunran06.jpg




この日は楽しく過ごしてきた私でしたが 
この後手首の痒みは 痛痒さにかわり 小さな湿疹だったはずが 直径2,3センチに広がってきたのです。


今は痒みもおさまってきていますが、ただ 長年引きずっている不眠症の波が大きく押し寄せてきています。
早く野山に出て行かないと  不眠の森からは出られないような気がします。


最後まで見ていただいてありがとうございます。






2014/06/08(日)
花散策 コメント:(4)

サクラスミレ~

2014年5月24日   恵庭のサクラスミレなど・・・( 6月6日記録)

大変更新が遅れていました・・
そのわけは~・・・


27日、左手首に虫に刺されたような二つの小さな赤みがあるのに気づき、家にあった ステロイド剤をぬっていました。
何度も漆などにかぶれてひどい目にあっている私は、用心のために翌々日(29日)皮膚科に行きました。


先生は赤いプツプつをみて「 虫でしょうかね~?ウルシかも? ステロイド剤をそのまま塗っていていいのでは?」と・・
念のために飲み薬もくださいというと アレルギーの薬をくださいました。

次の日から、痒みが(痛みと言っていいほど酷い)始まり 小さかった赤みがみるみる広がり数も増え、31日には右手首にもプツプつが・・・
6月2日、再び病院に行ってみていただくと リンデロンという飲み薬を出してくださいました。

しかし 一向に痒みは治まらず お腹にも プツプつと・・・・"(-""-)""(-""-)"

といったわけで・・苦しみの日々だったのです。
やっと 昨日あたりから 身体が楽になってきたところです。
まだ痒みはありますが。。
湿疹の勢いは治まってきたようです。


やっと写真の整理を始めたのですが・・・
すっかり不眠荘が再発し、ただでさえ眠いのに、アレグラをのんでいるので パソコンの画面を見ていられないのです。

休み休みの作業です。




すみません!!前置きが長くなりました~







24日・・恵庭についたのは もう うす暗くなりかけたころ・・・花弁の色がうまく出ていませんが

サクラスミレです。



菫の女王と呼ばれる花はぽってりと大きい♡
葉柄が大きく伸びて花が下に隠れているようですね、





sakurasumire76.jpg





sakura42.jpg





sa543.jpg






此処では 儚げな風情がとっても好きな、


ホソバノアマナも(^^♪  (ユリ科です。)


hosobanoamana00.jpg





hosoba89.jpg

風に揺れてとっても写しにくい花です。


ho84.jpg


えっと これで 24日に逢った花たちはアップできました。
黄金山に下見に行ったとき見かけた 雨に濡れていたキビタキを貼って終わりにします。



kibitaki55.jpg


6月1日には 湿疹を気にしながら エゾノタチツボスミレ、シロスミレ、ユウシュンランなどを見に行っています
これから写真の整理をしてみます・・・

最後まで見ていただいてありがとうございます。








2014/06/06(金)
花散策 コメント:(2)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top