Tweet to @kisatiho

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

白老ヘ・・・センブリに逢いに~

2008年10月11日・・白老へ・・・
この連休は最終日が一番のお天気のようですね。でも 13日は用事が入っていて動きがとれません。ということで 雨になるかもしれない11日思い切って白老へ行くことにして、支度をしていると ざ~っと雨が・・・(ーー;)

めげずに出発!
支笏湖経由で紅葉を愛でながら、白老へ。
現地に着くと意外にお日様が照らしてくださいました。これならセンブリさんも開いてくれているかもと軽く汗をかきながら登っていくと  可愛い姿で待っていてくれました~でも日差しが強いと写真は難しい!ジレンマですね~
senburi90.jpg
senburi02.jpg
花盛り~~~
senburi15.jpg
チコさんのも一枚・・・
senburit10.jpg
今年はエゾノコゴメグサが見当たりませんでしたね~こんな花しか・・・
ezokogome22.jpg
エゾリンドウと虫?
ezorindou25.jpg
センブリを撮った後、森の中を一時間ほど歩いてみました。風の又三郎が出てきそうな風が吹くなか、アップダウンの道を歩いていくとクマゲラがドラミングしている姿を見ることができました。初めての経験です。望遠のレンズがないので 写真はあきらめ しばし見とれていました。
こんな森の中でした。
mori29.jpg
ムラサキシキブの実です。
murasakisikibu33.jpg

murasaki42.jpg
この実を撮っているうちに・・・雨が。
カメラが心配なので引き上げることにしました。

帰り道にヨコスト湿原にちょっと寄りました。
寄って良かった!♪
スミレが・・・
オオタチツボスミレでしょうか・・一輪ずつ 心なしかうつむき加減に花をつけていました。
tatitubo49.jpg
ウンランやハマニガナの姿もありました・・
ヨコストからの樽前。
tarumae.jpg
まだ何か見当たらないかしら・・と、下を見ながら歩いていると、また雨~!!
慌てて車の中へ避難していたら、おぉ~虹・・
チコさん撮影です。
nizi.jpg
虹を見たところで、白老を後に・・・、札幌へ向かうことにしました。

スポンサーサイト

野幌の森へ・・♪

日光過敏症に悩まされる日々ですが、それでも 花散策は止められず色々対策を考えながら出て歩く私。
10月5日には野幌の森を歩いてきました。
この季節、花の姿は少なく、今まで 見過ごしてきた目立たない花に目を向けてきました。
考えてみれば今年は 一度もこの森にはきておらず、久しぶりの森は紅葉がそろそろ始まっており大勢の人々で賑わっていました。
写真も今一ですし、珍しい花もありませんでしたが、一応記録しておきます。

珍しくはないのですが・・・友禅菊です。この季節を彩るにはなくてはならない存在ですね、
yuuzengiki18.jpg
地味な花ですが ノブキ♪
nobuki15.jpg
これも地味ですね~ヤブタバコ
yabutabako23.jpg
こんなふうに四方に長い枝を出すのが特徴のようです。
似ているものに野幌ガンクビソウ、深山ヤブタバコなどがあるそうです。
yabutabako40.jpg

情けない写真ですが・・・オオキヌタソウの実が綺麗でした。
ookinutasou5.jpg
ホウチャクソウも瑠璃色の実をつけていました・・( ^)o(^ )
houtyakusou7.jpg
上を見上げると  つた漆が真っ赤でした。
tutaurusi9.jpg
メイゲツカエデの葉のグラデーションが目をひきました。
meigetukaede68.jpg
ミズタマソウの種・・・
mizutamasou8.jpg
ハチジョウナ。八丈島が原産と間違えられてついた名とか・・・
hatizyoouna.jpg
ノラニンジンも良く見ると可愛いのにきがつきました。
noraninzin5.jpg
noraninzin6.jpg
メナモミは 今まで見過ごしていた花です・・・
menamomi3.jpg

腺毛がなんとも不思議な雰囲気をだしていますね。コメナモミも確認しましたが…写真が??で没にしました。

menamomi53.jpg
体調と相談しながらの散策でしたが、秋の森は清々しく小さな植物たちが 翌年に花を咲かせるために様々な種や実をつけてている姿に愛おしさを感じました。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。